スマートフォン版へ

【ホープフルS】良血が揃い、初出走の種牡馬にも注目が集まる/データ分析(血統・種牡馬編)

  • 2019年12月25日(水) 18時20分
 28日に中山競馬場で行われるホープフルS(2歳・牡牝・GI・芝2000m)について血統・種牡馬別に検証していく。なお、GIIとして行われていた2014〜2016年、前身ではないものの同時期に同コースでオープン特別として行われていた2009〜2013年のホープフルSもデータの集計対象とする。

 過去10年で最多となる6回の馬券絡みがキングカメハメハ。5回でディープインパクトが続き、4回がステイゴールドとなっている。また、シンボリクリスエスも3勝を挙げる活躍を見せており、これはキングカメハメハと並ぶトップタイの勝利数だ。

 ディープインパクト産駒は「2-2-1-9」。15年ハートレー、14年シャイニングレイと2頭の勝ち馬を出している。今年はコントレイルゼノヴァースブルーミングスカイラインベックの4頭が出走予定だ。断然人気が予想されるコントレイルは、前走東京スポーツ杯2歳Sで従来の2歳コースレコードを1秒4、JRAレコードを1秒1も更新。父の没年に怪物の誕生を予感させる走りだったことに相違ない。

 ハーツクライ産駒は「1-0-0-5」。GIに昇格した17年にタイムフライヤーが勝ち馬となっており、17年ナスノシンフォニー(10人気5着)、14年エニグマバリエート(11人気5着)など、人気以上の激走も目立つ。今年はワーケアが唯一の出走馬となるが、リスグラシューサリオススワーヴリチャード、と秋のGIで活躍が続く同産駒の勢いに乗りたいところだろう。

 初出走となるオルフェーヴル産駒からは、オーソリティディアマンミノルの2頭がスタンバイ。前者は叔父に昨年の勝ち馬サートゥルナーリア、16年3着のグローブシアターがおり、その血統背景は注目に値する。なお、同産駒の牡馬はコース成績が「4-3-3-31」勝率9.8%・複勝率24.4%、重賞は18年にエポカドーロ皐月賞を制している。

 また、オルフェーヴルの全兄ドリームジャーニーの産駒も初出走となり、ヴェルトライゼンデは上位人気と目される。同馬は半兄にワールドプレミアワールドエースがいる血統。なお、同産駒の牡馬は「3-2-4-11」勝率15.0%・複勝率45.0%というコース成績だ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す