スマートフォン版へ

【ホープフルS】コントレイル万全 矢作師「弾むような動き」東スポ杯で衝撃の圧勝

  • 2019年12月26日(木) 06時00分
 「ホープフルS・G1」(28日、中山)

 来年のクラシックで主役に躍り出る。デビュー2連勝のコントレイルが25日、栗東坂路で最終リハ。先週の時点で既に仕上がっており、単走で息を整える程度だったが、軽快なステップで万全の仕上がりをアピール。有馬記念に続き、今年のJRA・ラストG1も矢作厩舎の若きエースが締めくくる。

 軽快なステップを刻んだ。無傷の3連勝でG1戴冠を狙うコントレイルは、栗東坂路で単走追い。白い息を吐きながらリズム良く登坂すると、しなやかなフットワークを披露。先週にしっかり追われており、今週は調整程度の馬なりで4F52秒1-37秒5-12秒3。時計は目立たなかったものの、矢作師は「はじけていたね。柔らかく弾むような動きだった。予定通りできたと思う」と納得の表情を浮かべた。

 前走の東スポ杯2歳Sでは、後方から豪快な末脚を繰り出し5馬身差の圧勝。勝ち時計の1分44秒5は、従来の2歳レコードを更新するおまけ付きだ。「想像以上だった」と指揮官が話すように、その勝ちっぷりには衝撃が走った。

 迎えた今回は中山の2000メートルが舞台だ。「重くなった馬場で、コーナー4つに適性があるとは思わない」と冷静に捉えるが、「1F延長なので辛抱してくれるとは思う。今後のためにも克服していきたい」と前を向く。

 デビュー戦以来のコンビとなる福永は、1週前追いに騎乗。「新馬戦の時は前進気勢が強かったけど、収まらないというわけではない」と話し、折り合い面には問題のない様子だが、「現状はワンターンの千八がベスト。ダービーを目指すのなら、(距離などを)クリアしていかないといけない」と言う。期待が大きい分、求める点も多くなる。

 「瞬発力や反応の速さ。ディープらしい、軽い走りをする」とはトレーナーだ。昨年はのちの皐月賞サートゥルナーリアが快勝した一戦。有馬記念リスグラシューで制し勢いに乗る矢作厩舎が、令和元年ラストのJRA・GIをVで締めくくる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す