スマートフォン版へ

2019年度東京競馬記者クラブ賞はアーモンドアイとウインブライト

  • 2019年12月28日(土) 19時02分
東京競馬記者クラブ(加盟17社)は、2019年度の東京競馬記者クラブ賞について審議を行い、東京競馬記者クラブ賞としてアーモンドアイ(国枝栄厩舎)関係者一同、およびウインブライト(畠山吉宏厩舎)関係者一同を選出した。授賞式は来年1月5日(日)、中山競馬場で昼休みに行う予定。

アーモンドアイ関係者一同の受賞理由
初の海外遠征となったUAEのドバイターフを圧勝し、秋の天皇賞も圧倒的な強さで制するなど、競馬ファンに強烈なインパクトを残す成績を収め、現役最強馬として年間を通じて競馬界を盛り上げた。

(有)シルクレーシング 米本昌史代表取締役の受賞コメント
「まずは2年連続の受賞ありがとうございます。今年は3月のドバイを海外初挑戦で優勝することができ、その後も国内でチャレンジをし続けてくれました。天皇賞(秋)もそうですが、安田記念、ファン投票1位に選ばれた有馬記念も含めて、一生懸命に走る姿を応援していただきました。今は無事に牧場に戻り、来年に向けて疲れを癒やしているところです。来年も応援よろしくお願いします」

国枝栄調教師の受賞コメント
「ファンの皆さんだけでなく、われわれ関係者もアーモンドアイの活躍にワクワクさせられました。いろいろなことを経験させてもらい、その中で勉強もさせてもらい、楽しい1年を過ごすことができたと思っています。これで有馬記念の結果が良ければ最高でしたが、あれも"これが競馬"ということを勉強させてもらったような気がしています」

クリストフ・ルメール騎手の受賞コメント
「賞をいただきありがとうございます。今年のアーモンドアイはアップダウンの激しい1年でした。有馬記念は残念でしたが、トップコンディションになれば、また良い結果を出せると思いますので、応援よろしくお願いします」


ウインブライト関係者一同の受賞理由
クイーンエリザベス2世Cと香港Cを制し、同一年に海外G1競走を2勝するという快挙を達成。海外のホースマンに日本馬のレベルの高さをアピールし、国内の競馬ファンには夢と感動を与えた。

(株)ウイン 岡田義広代表取締役の受賞コメント
「このような賞をいただくことができ、非常に光栄です。クイーンエリザベス2世Cを勝ったときは夢のようでしたし、今でも記憶に新しいです。畠山吉宏厩舎松岡正海騎手がしっかりと調整して仕上げてくれたおかげです。また、日高の生産馬、日本人騎手でも海外で通用するということが証明できました。来年も同じペアでG1を勝てるように頑張っていきたいと思います」

畠山吉宏調教師の受賞コメント
「このような賞をいただき、ありがとうございます。今年は前半こそ重賞連勝の勢いに乗って香港のクイーンエリザベス2世Cに挑戦し、リスグラシューなどレベルの高い相手にレコードタイムで勝つことができましたが、夏に弱い馬で秋は状態が戻り切らず、思うような結果が出ませんでした。香港Cは人のプレッシャーはもちろん、馬にも厳しい負荷がかかっていましたが、状態が戻ったことで、同一年度の海外G1制覇ができました。来年も夏対策という課題はありますが、まずは中山記念での復帰を目指していきます。応援をよろしくお願いします」

松岡正海騎手の受賞コメント
「大変名誉な賞をいただき光栄です。今年はウインブライトと一戦一戦、強い相手を打ち負かそうと人馬一体でやってきて、その結果、香港でもG1を勝つことができました。その過程や結果を評価していただいたのはうれしい限りです。来年もこの賞を励みに、さらに活躍できるよう頑張っていきたいです」

(JRA発表)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す