スマートフォン版へ

【ホープフルS】コントレイル無傷戴冠 最後も矢作厩舎!2週連続G1制覇

  • 2019年12月29日(日) 06時00分
 「ホープフルS・G1」(28日、中山)

 ラストも矢作厩舎が締めた!1番人気のコントレイルが横綱相撲で快勝。デビューから無傷の3連勝でG1タイトルをゲットし、来春のクラシックへ大きく視界を広げた。厩舎にとっては先週の有馬記念リスグラシュー)に続く、2週連続G1制覇の快挙となった。2着に3番人気ヴェルトライゼンデ、3着には2番人気のワーケアが入った。

 これはスゴい!末恐ろしいほどの強さだ。絶好調厩舎が誇る若きエース・コントレイルが、ライバルたちに影すら踏ませぬ完勝劇で、来春の主役へと名乗りを上げた。

 デビュー戦以来の手綱となった福永は、返し馬で「当時とは違って弾んでいた」と、成長を遂げた若駒との大一番に胸を高鳴らせていた。好発から序盤は前に馬を置く理想的な形。勝負どころの3角過ぎから馬なりで上昇すると、直線は軽く右ステッキを見せただけ。初経験となる中山の急坂も難なくクリアし、後続を寄せ付けなかった。

 2歳G1完全制覇を達成した鞍上は「前走(東スポ杯2歳S)とはまるで求められる要素が違ったので、ここで勝てれば大したものだと思っていた。いい瞬発力を持っているし、好位からしのぐ脚も持っている。現状では言うことないね」と絶賛した。

 レース前、矢作師は「中山コースは合わない。でも克服してもらわないと困る」と公言していたが、それは求めるモノが大きいからに他ならない。ともに管理した兄姉はダート馬だった。「父がディープになると、こうも違うのか」。生後間もない頃の出会いに、既に感じるモノがあった。ちょうど1年前の育成時代、球節を痛めて半年ほど調整を休むアクシデントがあったが、大きな夢を追う陣営、そして馬自身にそれを跳ね返す力があった。

 今後は皐月賞(4月19日・中山)へ直行する。昨年の覇者で、皐月賞馬となったサートゥルナーリアがたどった道だ。ダービーの勝ち方を知る2人は口をそろえる。「あとは距離。反応が良過ぎてスピードに勝っているだけに、それをどう東京2400メートルで我慢させるか」。それでもトレーナーは信じている。「あと体も15〜20キロ増やしたいね。来年は“今年以上を目指す”のがオレのやり方。ワクワクしながら、頼もしいスタッフとともに頑張っていきたい」。決意も新たに、最高の形で一年を締めくくった。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す