スマートフォン版へ

日本馬が世界で躍動 ドバイで香港で豪州で!G1・8勝

  • 2019年12月31日(火) 06時05分
 中央競馬の一年を10大ニュースとして振り返ります。2位は「日本馬が海外G1・8勝」

 “日本の悲願”である凱旋門賞こそ悔しい結果に終わったが、G1・8勝と海外の地で日本馬が輝きを放った。

 先陣を切ったのはアーモンドアイ。遠くドバイの地でも、その強さは変わらない。抜群の手応えで楽々と抜け出して、衝撃の世界デビューを果たした。続いたのがウインブライト。こちらも海外初挑戦の香港で、コースレコードVの大仕事。また、ディアドラは英国を拠点に世界を転戦。8月のナッソーSで栄冠を射止めた。

 秋になると、舞台は豪州へ。メールドグラースリスグラシューが圧倒的な力でねじ伏せると、締めは香港。グローリーヴェイズアドマイヤマーズウインブライトがVを飾り、日本馬の強さを世界に知らしめた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す