スマートフォン版へ

ミカエル・ミシェル騎手が1月から南関東で騎乗 「たくさんのことを学びたいと思います」

  • 2019年12月31日(火) 22時21分
 フランスのミカエル・ミシェル騎手(24)が、地方競馬短期免許を取得して来年1月末から3ヶ月間騎乗することになった。南関東川崎競馬場山崎裕也厩舎に所属し、1/27(月)からの川崎競馬開催から騎乗をスタートする。

ミカエル・ミシェル騎手のコメント】
「今日このお知らせを受けました。とても幸せで、誇りに思います。

 私はこの3か月の滞在で、地方競馬のレースのスタイルを通してたくさんのことを学びたいと思います。そして、いい結果を出せるようにしていきたいです。また、機会があればJRAの競馬場でも騎乗できたらと思っています。
川崎競馬場に所属するので、それに向けて準備をしていきます。まずは勉強させていただいて、できるだけ早く環境や競馬に慣れていきたいです。

 不安はありません。私の日本語の上達を待っているわけにはいかないんですが、これからの毎日が、私の勉強を促進することになると思います。でも、もちろん通訳さんに助けて頂きたいです。

 応援して下さっているファンの皆様にまたお会いできるのが楽しみでなりません。皆様の2020年の始まりが素晴らしいものでありますように。私は絶対にあきらめません。応援よろしくお願いします」

(取材:高橋正和、編集:netkeiba)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す