スマートフォン版へ

【万葉Sレース後コメント】タガノディアマンテ川田将雅騎手ら

  • 2020年01月06日(月) 17時21分
京都11Rの万葉ステークス(4歳以上オープン・芝3000m)は1番人気タガノディアマンテ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分8秒7(良)。3馬身半差の2着に5番人気タイセイモナーク、さらに半馬身差の3着に6番人気レノヴァールが入った。

タガノディアマンテは栗東・鮫島一歩厩舎の4歳牡馬で、父オルフェーヴル母タガノレヴェントン(母の父キングカメハメハ)。通算成績は11戦2勝。

〜レース後のコメント〜
1着 タガノディアマンテ(川田将雅騎手)
「この枠(15番)なので、馬の気持ちを最優先してリズム良く、良い内容で勝ち切ることができました。今日に関しては、問題なく無事に終えられました」

(鮫島一歩調教師)
「+8キロでしたが、馬がすっきりしていましたから成長分です。ここは理想通りの走りを見せてくれました。春が楽しみです。ただ賞金的にどうかというところがあるので、馬の様子を見て(次を)考えます」

2着 タイセイモナーク(吉田隼人騎手)
「よく頑張っています。ゲートをうまく出て、良い位置からレースができました。折り合いもついて、4コーナーの手応えも抜群でした。ただ勝ち馬の瞬発力が違いましたね。よく2着に頑張ってくれました」

3着 レノヴァール(四位洋文騎手)
「折り合いを欠きました。折り合いがつけば勝っています。もっとうまく乗ってあげられれば......。長距離は向いていないというわけではありません。スタミナがありますからね」

4着 レイホーロマンス(松若風馬騎手)
「枠が外だったので、内に潜り込みたかったですね。小柄な馬ですが、体力があります。直線は手応え良く、その通り弾けてくれました」

5着 ミッキーバード(和田竜二騎手)
「ゲートインが最後だったので、スタートは楽でした。馬の気配に力みを感じました。力はオープンで通用します。展開などがかみ合えば、十分チャンスがあります」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す