スマートフォン版へ

【POG】ペイシャチャームが会心の抜け出し 鞍上山田は初の新馬戦V

  • 2020年01月14日(火) 06時00分
 「新馬戦」(13日、中山)

 道中5、6番手で脚を温存していた3番人気のペイシャチャーム(牝3歳、父トゥザグローリー母オリヒメチャーム、美浦・高市)が、直線で抜け出して快勝。鞍上の山田はJRA通算16勝目となり、北所直人オーナーの所有馬では5勝目となった。

 「ゲート試験、攻め馬とずっと乗っていて能力は感じていました。僕自身、初めての新馬勝ちと、今年初勝利が北所オーナーで感謝しています。まだまだ良くなる馬です」と喜んだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す