スマートフォン版へ

【愛知杯】9年ぶりの小倉開催、適性のあるあの穴馬に注目/JRAレース展望

  • 2020年01月16日(木) 12時00分
 真冬の牝馬中距離重賞。今年は京都競馬場改修工事に伴う開催日程の変更のため、9年ぶりに小倉で開催される。牝馬限定戦になって以降に小倉で行われた10・11年の愛知杯、そして過去10年の冬〜春シーズンにおける小倉芝(11年〜19年1回開催、10年3回開催、11年2・3・5回開催)の成績を踏まえて傾向を探っていきたい。

1.中・長距離志向の血統

 過去10年の冬〜春シーズンにおける小倉芝2000mの成績(新馬・未勝利除く、牝馬のみ)を種牡馬の着別度数順に見てみると、1位から順にハーツクライマンハッタンカフェダンスインザダークジャングルポケットハービンジャー。夏と比べて時計が掛かりがちなこともあって、中・長距離志向の重厚な血統が活躍しやすくなっている。なお、ディープインパクト産駒は[0-3-2-25]で、このシーズン牝馬は勝ち星がない。

2.差し・追い込みが優勢

 小倉芝2000mは2コーナーから4コーナーにかけてだらだらと下っていくコース形態であり、他コースに比べて後方待機組に展開が向くレースになりやすい。混戦の牝馬限定戦ともなるとなおさらその傾向が顕著になるのか、11年の愛知杯は前総崩れの結果となっており、10年も勝ち馬こそ好位で立ち回った馬だったが、2〜5着は道中後方待機から上がり3F3位以内の末脚を使った馬が独占した。

3.ローカルに替わっての巻き返し

 昨年はエリザベス女王杯で11着に敗れていたワンブレスアウェイが巻き返し1着。16年は前走マーメイドSで15着だったバウンスシャッセが一変して優勝している。また、小倉開催だった10・11年で3着以内になった6頭はいずれも前走京都で敗れていた馬だった。求められる適性が違うローカルに替わって巻き返してくる馬は多い。


 レイホーロマンスの巻き返しに期待したい。17年の再転入後は小倉で勝ち上がり、18年の小倉記念では牡馬相手に最速の上がりで4着と小倉への適性は見せている。前走の万葉Sで上がり2位の末脚を使うなど長い末脚はまだまだ健在で、牝馬限定ハンデ戦のここならチャンスは十分にあるだろう。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す