スマートフォン版へ

【愛知杯予想】牝馬同士で見直したいアロハリリー/JRAレース展望

  • 2020年01月18日(土) 06時00分
 小倉競馬場で行われる愛知杯。まったくとは言わないが、勝ち馬に関する過去のデータを重視するのは危険だと思われる。

 昨年9月1日以来となる小倉開催の開幕週に行われる牝馬限定の芝2000mハンデ戦。トップハンデはデンコウアンジュの56キロで、最軽量は3勝クラスのカレンシリエージョの49キロ。2月の古馬牝馬限定重賞は芝1400m戦の京都牝馬Sなので、牡馬混合のハンデ戦・小倉大賞典、あるいは3月の中山牝馬Sに向けての1戦となる。牝馬にとって春シーズンの総決算がワンターンのヴィクトリアマイルなので、コーナーを4回まわる競馬場を得意とするような馬を狙いたい。

 ◎アロハリリーは小倉競馬場で3戦2勝2着1回。祖母のライクザウインドディープインパクトの半姉という血統で、父は成長力には定評があるハーツクライ。前走の福島記念は案外の結果だったが、当時は休み明けで、牡馬を相手に重賞初挑戦。外目の枠からポジションを取りに行った分、最後はスタミナ切れを起こしてしまったが、牝馬同士なら見直しが必要だ。

 ○センテリュオは小倉競馬場1戦1勝。大きく崩れたのはワンターンコースのローズS新潟記念のみ。昨年は5月に準オープン特別を勝ったのち、マーメイドS4着、新潟記念7着をはさんでエリザベス女王杯4着と1戦毎に力をつけている印象だ。戦ってきたメンバーを考えると、55キロは恵まれた印象も。

 明け4歳世代▲パッシングスルーも侮れない。小倉競馬場の経験はないものの、中山2000mの紫苑Sに勝っている。秋華賞は柔らかい馬場に戸惑ったのかもしれないが、先行したい馬だけに16番枠も厳しかった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す