スマートフォン版へ

【愛知杯】柴田善&デンコウアンジュ円熟V 現役最年長と32戦目7歳牝馬が魅せた

  • 2020年01月19日(日) 06時06分
 「愛知杯・G3」(18日、小倉)

 雨の小倉。分厚い雲に覆われて日差しは届かない。だが、大ベテランの放つ、いぶし銀の光はしっかりと輝いて見えた。この日、32戦目を迎えていた7歳牝馬デンコウアンジュと53歳の現役最年長ジョッキー・柴田善。経験という武器を持つ熟年ペアが、泥だらけになりながら信じた末脚を突き刺す。7番手で4角をカーブするとインに潜り込り、先に抜け出していたライバルたちをパス。9番人気も何のその、歓喜のゴールへ飛び込んでスタンドを沸かせた。

 「うれしいですね。返し馬が終わって輪乗りをしている時に、いつもと雰囲気が違うと感じました。シャンシャン歩いていて、若々しかったんです」と、重賞95勝目を挙げた鞍上は優勝インタビューで笑みをこぼした。騎手生活36年目。年輪を重ねる中で培ってきた直感が現実になった。「4コーナーを回る時の手応えがとても良かったので、あとはさばき次第だと。これからも馬の力を借りながら、できる限り頑張っていきます」と決意表明で締めた。

 小倉で初の重賞ゲットに成功した柴田善は、史上6人目となるJRA全10場重賞制覇に向けて函館を残すのみに。記憶に残る1勝を手にして、偉業達成に加速がついた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す