スマートフォン版へ

【日経新春杯】モズベッロが下剋上V 3勝クラスが格上ペロリ!重賞初制覇

  • 2020年01月20日(月) 06時00分
 「日経新春杯・G2」(19日、京都)

 下克上だ。格上挑戦のモズベッロが重賞初制覇。3勝クラスの身ながら、重賞ウイナーらを封じ込んだ。2着に5番人気のレッドレオン、3着に11番人気のエーティーラッセンが入った。また、1番人気のレッドジェニアルは7着、同レース最少体重の出走で注目を集めたメロディーレーンは9着に敗れた。

 とても格上挑戦とは思えなかった。3勝クラスのモズベッロが鮮やかに差し切り、重賞初制覇。道中は好位のインで脚をため込むと、直線で瞬発力を発揮。先行馬たちを一瞬でのみ込み、後続馬を完封した。

 「強かったですね」とテン乗りの池添が驚くほどの勝ちっぷりだった。条件馬でのVはグレード制が導入された84年以降では5回目。「少し促しながら進めた。走法はハミにモタれるけど、(坂の)下りでアフリカンゴールドの後ろが取れたので。追いだしてから、長くいい脚を使ってくれた。いい内容だった」と振り返った。

 森田師も「きょうのメンバーなら“もしかして”と思ったけど。瞬発力があるし、長い脚も使える」と満足げ。直線で内にモタれたのは、体幹がしっかりとしていないせい。それでも、舌を縛り、ハミを替えるなど、工夫を加えたことが結果につながった。「以前はもっとヨレていた。それでも追えているから、その点は今までと違う点かな」と進歩していることを強調する。

 まだまだ伸びしろの見込めるディープブリランテ産駒。「体が成長途上でハミに頼るけど、その分これからもっと強くなる」と鞍上が将来性を評価すれば、トレーナーも「真っすぐに走れたらもっと強い」と胸を張る。

 次走については未定。師は「どの路線で行くのか。オーナーともこれから決めよう、と。距離を延ばした方が掛からないし、もう少し長くていいかもしれない」と今後を模索する。軌道に乗り始めた明け4歳馬が、大舞台を見据えて歩みを進める。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す