スマートフォン版へ

九州ジュニアGP、フジヤマロマンが逃げ切り

  • 2006年10月31日(火) 15時05分
 31日、荒尾競馬場で行われた九州ジュニアグランプリ(2歳、ダート1500m、1着賞金100万円)は、先手をとった村島俊策騎手騎乗の2番人気フジヤマロマン(牝2、荒尾・平山良一厩舎)が、直線に入ると後続を突き放し、7番人気スリーディーエアに1.1/2馬身差をつけ優勝。クビ差の3着には5番人気ハートノエースが入った。勝ちタイムは1分39秒2(良)。1番人気に推されたイタンジは中団からマクったが、直線で伸びを欠き5着に敗れた。

 勝ったフジヤマロマンは、父トウカイテイオー母ハートリープス(その父Be My Guest)という血統。半姉にJRA現5勝のプリティメイズ(牝5、栗東・福永甲厩舎、父ゼネラリスト)がいる。7月5日のデビュー戦(荒尾・ダート800m)を2着に4馬身差をつけて勝ち上がり。JRAフェニックス賞(小倉・芝1200m)は7着に敗れたが、前走の若駒特別(荒尾・ダート1500m)では今回3着のハートノエースに8馬身差をつけ圧勝していた。通算成績4戦3勝(うちJRA1戦0勝、重賞1勝)。

オッズパーク

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す