スマートフォン版へ

サイドワインダー引退、種牡馬入り

  • 2006年11月02日(木) 14時00分
 05年関屋記念(GIII)など重賞3勝のマイラー・サイドワインダー(牡8、栗東・瀬戸口勉厩舎)が11月1日付でJRA競走馬登録を抹消し、来年から生まれ故郷の日高町・タバタファームで種牡馬入りすることがわかった。

 サイドワインダー父トニービン、母が4歳牝馬特別・東西(GII)を勝ち重賞2勝のゴールデンジャック(その父アフリート)という血統で、叔父にスターリングローズ(JBCスプリント-交流GI、父アフリート)がいる。3歳時の02年秋に本格化し、02年京阪杯(GIII・芝1800m)、03年京都金杯(GIII・芝1600m)を連勝。05年の関屋記念(GIII・芝1600m)でも約2年半ぶりの重賞制覇を達成し、マイル戦線で非凡な瞬発力を見せつけていた。最後のレースは10月28日のスワンS(GII)で17着だった。通算成績37戦8勝(重賞3勝)。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す