スマートフォン版へ

【東京新聞杯】プリモシーンが復活V 18年関屋記念以来、重賞3勝目

  • 2020年02月10日(月) 06時01分
 「東京新聞杯・G3」(9日、東京)

 4番人気のプリモシーンが、ゴール前で混戦から抜け出し快勝。18年関屋記念以来の勝ち星で重賞3勝目を挙げた。

 「能力のある馬だと思っていたし、ずっと乗りたかった。流れは完璧。強い競馬をしてくれた」。初コンビで鮮やかにVに導いたM・デムーロは、興奮気味にレースを振り返った。道中は内々の6番手のポジションで折り合い、最後の直線ではスムーズに外に持ち出して自慢の切れ味を存分に発揮した。改めて健在ぶりを示すとともに、初めて背負う56キロの斤量を克服しての勝ち星だけに価値が高い。

 19年5月のヴィクトリアM(東京)では、ノームコアに首差及ばず2着に惜敗。G1制覇も近いと思われたが、その後も勝利には手が届かず苦しい道のりが続いた。調教パターンを変えて長めを乗るなど、試行錯誤を繰り返す日々。1年半ぶりに、その努力が実った。

 今後について木村師は、「具体的には言えないが、マイルのG1になると思います」と話した。国内ならヴィクトリアM(5月17日・東京)や安田記念(6月7日・東京)がターゲットに。また、ドンカスターマイル・G1(4月4日・豪ランドウィック)など、海外遠征も視野に入ってきそうだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す