スマートフォン版へ

精励賞獲得の小林脩斗君「信頼していただけるよう」競馬学校卒業式で意気込み

  • 2020年02月12日(水) 06時00分
 JRA騎手課程36期生の卒業式が11日、千葉県白井市のJRA競馬学校で行われた。今年の卒業生は秋山稔樹君(18)、泉谷楓真君(18)、小林脩斗君(18)、原優介君(19)の4人。来るデビューに向けて、それぞれが期待に満ちあふれた表情をのぞかせていた。

 元騎手の小林久晃助手(美浦・久保田厩舎)を父に持つ小林脩斗君(美浦・奥平厩舎所属予定)は精励賞を獲得した。「これからは厩舎関係者の方とのコミュニケーションを大切にし、信頼していただけるような騎手になりたい」。2019年10月3日、母の優子さんが44歳の若さで亡くなった。「“自分が決めた道だから努力しなさい”といつも言われていた。これからあとは自分の努力次第だと思う」と意気込みを口にした。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す