スマートフォン版へ

【共同通信杯予想】 少頭数のレースほど威力を発揮!? 先週の東京新聞杯で人気馬をズバッと斬った消去法に注目!/JRAレース展望

  • 2020年02月15日(土) 20時33分
 明日の共同通信杯(GIII)は、武豊騎手が騎乗するマイラプソディに注目が集まりそうです。出走唯一の重賞馬、しかも前走の勝ちっぷりを見れば単勝1倍台のオッズも納得といったところです。

 それだけに、好配当を狙うファンにとっては2頭目、3頭目はひと捻り加えたいところ。頭数も9頭立てと少頭数だけに、買い目を絞って馬券を買いたいところでしょう。そんなときには、過去のデータから敗戦した条件を抽出して好走馬を導き出す「ケシウマ」のパーフェクト消去法に注目です。共同通信杯では4つの条件で3頭まで絞れましたが、その1つ目の条件を紹介します。

【条件1】
前走から距離延長(ただし、前走朝日杯FS、または前走1勝クラス以上を勝利した馬を除く)[0-0-0-20] 複勝率0%
該当馬:アジュバント、エン、シコウシングンバズーカ
共同通信杯は道中でしっかりと脚を溜め、直線での瞬発力勝負になるケースが多い。道中での折り合いが求められ、距離短縮組のほうが好走しやすい。前走でGIの厳しい流れを経験していたり、1勝クラスを勝利するなど底を見せていない馬でないと、距離延長組は切れ負けしてしまう。
(過去の主な該当馬:11年サトノオー4人気6着、19年フォッサマグナ2人気4着)

 クラシックに直結するレースだけに、距離延長組には厳しいレースという評価になりました。人気上位5頭は前走1800mまたは2000m戦の経験馬で、人気馬の前走内容をどう評価するのかが重要といえそうです。

 この他、「ケシウマ」では共同通信杯京都記念のパーフェクト消去法を公開中です。残りの3つの条件は、共同通信杯が重賞になった1986年以降の32回(ダートで施行された1998年、中山開催の2003年を除く)が対象。消去法により残った馬をご覧いただき、馬券検討にお役立てください!

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す