スマートフォン版へ

【メイクデビュー京都レース後コメント】ヴァルキュリア荻野琢真騎手ら

  • 2020年02月15日(土) 14時42分
京都6Rのメイクデビュー京都(ダート1400m)は3番人気ヴァルキュリア(荻野琢真騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒0(稍重)。1馬身3/4差の2着に6番人気サトノガイア、さらに3馬身半差の3着に1番人気コウイチが入った。

ヴァルキュリアは栗東・大久保龍志厩舎の3歳牝馬で、父Tapit母ピースアンドウォー(母の父War Front)。

レース後のコメント
1着 ヴァルキュリア(荻野琢真騎手)
「調教の時点でゲートが良くないというのはわかっていたので、道中は落ち着いて手応え良く前を見ながら運びました。調教は他馬とやらなかったのですが、今日返し馬で他馬と一緒にいるとエキサイトする面を見せて、気性で幼い面を見せていました。それが今日はいい方向でレースに出ました。気性面の課題が改善されれば動きがいいだけにさらに楽しみです」

2着 サトノガイア(川島信二騎手)
「初戦でしたが、スタートを出ていい位置から砂を被って次につながるレースを見せてくれました。狭いところを割って伸びてくれて、すぐにチャンスがありそうなレースぶりでした」

16着 クレスコアンジェラ(鮫島良太騎手)
「いいスピードを持っているのですが、まだ体力が付ききっていない感じです。スタミナが改善されればいいものを持っているだけに楽しみです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す