スマートフォン版へ

【共同通信杯】ダーリントンホールがハナ差の接戦を制しV!マイラプソディ伸びず4着/JRAレース結果

  • 2020年02月16日(日) 15時49分
 16日、東京競馬場で行われた第54回共同通信杯(3歳・GIII・芝1800m)は、中団から徐々に進出したC.ルメール騎手騎乗の3番人気ダーリントンホール(牡3、美浦・木村哲也厩舎)が、直線で先に抜け出した4番人気ビターエンダー(牡3、美浦・相沢郁厩舎)とのゴールまで続いた追い比べをハナ差制して優勝した。勝ちタイムは1分49秒6(稍重)。

 さらに4馬身差の3着に2番人気フィリオアレグロ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)が入った。なお、1番人気マイラプソディ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)は大外から追い込むも、フィリオアレグロとアタマ差の4着に終わった。

 勝ったダーリントンホールは、父New Approach母Miss Kentonその父Pivotalという血統の英国産馬。3着に敗れた葉牡丹賞から巻き返し、重賞初制覇を果たした。父New Approachにとっても、これが産駒のJRA重賞初勝利となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す