スマートフォン版へ

【勝負の分かれ目 共同通信杯】ルメール騎手が叩き合いでの強さを引き出し、ダーリントンホールが鼻差で勝利

  • 2020年02月16日(日) 18時45分
 午前中降っていた雨は上がり、芝コースのコンディションは稍重まで回復していた。9頭立てとなった第54回共同通信杯のゲートが開いた。

 5番のアジュバントが2馬身ほど立ち遅れた。先手を取ると見られていた1番のエンは控え、2番のビターエンダーがじわっとハナに立った。

 2番手はエン。外の3番手はココロノトウダイフィリオアレグロシングンバズーカ、クリストフ・ルメールダーリントンホールらがつづき、1番人気に支持された武豊マイラプソディはそこから1馬身半ほど遅れた外目につけている。

 ほぼ一団となった馬群の、ほとんどすべての馬がやや行きたがり、掛かり気味になっている。

「ぼくの馬はフットワークが大きくて、ちょっと掛かる。パワーがあるので、大事なのはリラックスさせること」と、ダーリントンホールにテン乗りとなったルメール

 前半800m通過は50秒5。1000m通過は1分3秒2というスローな流れになった。

 ビターエンダーが先頭のまま3、4コーナーを回り、直線へ。

 勝負どころで押し上げたダーリントンホールは、前を行くビターエンダーとその内のエンの間に進路を取った。

 ラスト400m地点。ダーリントンホールビターエンダーが併せ馬の形で抜け出しをはかる。

 マイラプソディは大外から追い上げようとするが、まだ4、5馬身は遅れている。

 ラスト200mを切った。ダーリントンホールビターエンダーが後ろを離して叩き合う。

「2着馬との戦いになった。ぼくの馬はずっとファイトして一生懸命走った。東京の直線は長いので、いい脚を使うことができた」とルメール

 2頭が首の上げ下げとなってフィニッシュ。ダーリントンホールが鼻差だけ前に出ていた。

 2着はビターエンダー、4馬身離れた3着はフィリオアレグロマイラプソディは4着だった。

 テン乗りでありながら、ロングスパートでの叩き合いに強いことを見越していたかのような、ルメールの騎乗が冴えた。

 マイラプソディは、スタート前からややテンションが高かったことと、別定の57kgもややこたえたか。

(文:島田明宏)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す