スマートフォン版へ

【小倉大賞典】昨年クラシック皆勤のヴェロックスが始動/JRAレースの見どころ

  • 2020年02月17日(月) 10時00分
 昨年の牡馬クラシックで好走を続けたヴェロックスがここから始動。待望の重賞初制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■2/23(日) 小倉大賞典(4歳上・GIII・小倉芝1800m)

 ヴェロックス(牡4、栗東・中内田充正厩舎)は昨年の皐月賞で2着、日本ダービーで3着、菊花賞で3着と牡馬クラシック路線で活躍。今回は有馬記念(8着)以来の実戦で重いハンデを背負うことになりそうだが、実績は断然なだけに勝利を期待したい。

 ジナンボー(牡5、美浦・堀宣行厩舎)は昨年、初重賞挑戦となった新潟記念でクビ差の2着。続くジャパンCは13着に敗れたが、強力なメンバー相手に大外枠と条件が非常に厳しかった。GIIIのここなら巻き返しを期待できるだろう。鞍上はA.シュタルケ騎手。

 その他、昨年のスプリングS覇者エメラルファイト(牡4、美浦・相沢郁厩舎)、中山金杯で3着のテリトーリアル(牡6、栗東・西浦勝一厩舎)、昨年の小倉記念で2着のカデナ(牡6、栗東・中竹和也厩舎)、昨年2着のタニノフランケル(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)、愛知杯で3着のレイホーロマンス(牝7、栗東・橋田満厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時20分。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す