スマートフォン版へ

【フェブラリーS】アルクトス、馬体パンパンで好仕上がり 栗田師「まだ良くなる」

  • 2020年02月18日(火) 06時00分
 「フェブラリーS・G1」(23日、東京)

 アルクトスが17日、美浦Wで5F69秒0-13秒3(強め)。併せた2頭に手応えこそ見劣ったが、最後まで気を抜くことなく、力強くフィニッシュ。メリハリを利かせた乗り込みを消化できており、馬体もパンパンに張った状態。順調な仕上がりだ。

 栗田師「1週前は動く馬と競馬に近い形で併せた。まだ良くなりそう。以前は右トモの疲れが抜けなかったが、その不安は良化している。長く脚を使うタイプで、東京マイルは最高の舞台。どこまでやれるか楽しみ」

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す