スマートフォン版へ

四位に調教師バッジ「馬を大切にすることが第一」 ラストライドは29日阪神最終R

  • 2020年02月18日(火) 06時10分
 晴れて四位調教師の誕生だ-。JRAは17日、東京・港区の六本木事務所で20年新規調教師8人、騎手4人への免許交付式を行った。ダービー2勝の四位洋文騎手(47)=栗東・フリー=は、第2のホースマン人生へ向けて、決意を新たにした。

 なごやかなムードに包まれるなか、新トレーナーが誕生した。2度目の受験で調教師試験に合格した四位。真新しい調教師バッジに手をやりながら「まだ慣れないので、なかなか着けられなくて」と、いきなり笑わせた。

 3月1日付で、調教師として新たなスタートを切る。まずは美浦の藤沢和厩舎で、トップトレーナーの帝王学に触れる予定だ。「ざっくりとしたものはあるけど、これから(開業までの)準備期間が1年あるので、いろいろな人と話をしながらやっていきたい。生き物を介している仕事なので、馬を大切にすることが第一だけどね」と“四位厩舎”の経営プランを明かした。

 07、08年のダービーを連覇(ウオッカディープスカイ)するなど、常に第一線で活躍してきた。そんな騎手生活も残りわずか。「毎週と変わらないなあ。30年ぐらい(騎手を)やって来ているので(笑)。最後の日を迎えてみないと分からないけど、現時点では…ね。すいません、はっきりしなくて」と素直な心境を伝えた。ラストライドは29日の阪神最終レース。最後の勇姿をファンに届け、次なる大きな一歩を踏み出す。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す