スマートフォン版へ

高市師が死去 64歳 00年帝王賞、東京大賞典制覇ファストフレンドなど管理

  • 2020年02月19日(水) 06時00分
 高市圭二調教師(美浦)が17日、療養中だった茨城県土浦市内の病院で、病気のため死去した。64歳。千葉県出身。通夜は24日18時から、告別式は「一般社団法人日本調教師会関東本部葬」として25日12時30分から、美浦トレセン厚生会館分館2階大ホール(茨城県稲敷郡美浦村美駒2500の2)で行われる。喪主は長男・憲吾さん。葬儀委員長は一般社団法人日本調教師会関東本部本部長の手塚貴久調教師。

 78年に美浦・荒木静雄厩舎から騎手デビュー(通算25勝)。90年に引退し、調教助手を経て96年に調教師免許を取得。JRA通算299勝(うち重賞9勝)を挙げた。00年帝王賞東京大賞典を制したファストフレンド、昨年の中山大障害を制し、最優秀障害馬となったシングンマイケルなどを育てた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す