スマートフォン版へ

ノーザンテースト最後の産駒が登録抹消

  • 2006年11月06日(月) 13時00分
 JRA唯一のノーザンテースト産駒だったモガリブエ(牡8、栗東・松田博資厩舎)が、3日付で登録を抹消した。

 モガリブエ父ノーザンテースト母ユキミザケ(その父アレミロード)という血統。3歳時の01年にデビュー後、長い間1000万下クラスを中心に活躍していたが、今年1月に障害入りすると素質を開花。7月22日の小倉サマージャンプ(JGIII)で3着に入っていた。通算成績38戦6勝(うち障害6戦1勝)。

 同馬の父ノーザンテーストは、父Northern Dancer母Lady Victoria(その父Victoria Park)という血統。現役時代に74年フォレ賞(仏G1)を制し、75年から早来(現安平)・社台スタリオンステーションで種牡馬入り。ダイナガリバー(日本ダービー-GI)など多くの名馬を送り出し、82年から92年まで11年連続JRAリーディングサイアーに輝く大成功を収めた。99年の種付けを最後に種牡馬を引退、04年12月11日に33歳で死亡。死亡後も、今年2月のモガリブエの勝利により、産駒によるJRA28年連続勝利を達成していた。

 なお、地方競馬には現在、サンライズテースト(セン8、荒尾・崎谷彦司厩舎)、タガノテースト(牡9、金沢・佐藤茂厩舎)、ノーザンスズカ(牡8、金沢・高橋道雄厩舎)、マロンテースト(牡8、岩手・佐々木由則厩舎)の4頭が登録されており、ノーザンスズカは今年3勝をあげている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す