スマートフォン版へ

JRA無観客競馬 ウインズなど場外馬券発売&払い戻し取りやめ

  • 2020年02月28日(金) 06時00分
 JRAは27日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、29日の中山、阪神、中京開催から当面の間は無観客で競走を実施すると発表した。また、ウインズ、パークウインズ、JーPLACEも発売、払い戻しを取りやめ、この間は電話・インターネット投票のみとなる。期間については現時点で未定。

 今週の開催に関しては、JRA職員、馬主、厩舎関係者などの必要最小限の人員で行われることになった。競馬の一連の流れとしては、パドック、本馬場入場、レース、口取りと、基本的には普段通りだが、感染防止の観点から表彰式は実施しない。なお、テレビ、ラジオ中継は通常通りに行われる。

 馬券発売、払い戻しを実施している事業所は最大で103カ所あり、1年前となる19年の2月23日は、事業所全体で入場人員が約37万人で売り上げが約204億円(うち現金投票58億円)。24日は約57万人の約328億円(約100億)だった。

 先週日曜の23日時点での電話・インターネット投票のシェア率は71・8%と高い数字を誇っているものの、大きな影響が出ることになりそうだ。売り上げに関してJRA経営企画室の大谷敦憲室長は「前例のないことなので図りかねています」と述べた。

 JRAとしては無観客競馬は初めてとなるが、日本競馬会時代で戦時中の44年には無観客の能力検定競走として皐月賞天皇賞・春、ダービー、菊花賞(コース間違いによりレースは不成立)が行われた記録がある。

 平日の払戻サービスも当面の間、取りやめとなる。また、19年12月28日から今年2月23日までの勝馬投票券の払戻有効期限は延長される。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す