スマートフォン版へ

【JRA】四位洋文騎手が引退「本当に幸せです」

  • 2020年02月29日(土) 20時01分
 2月29日をもって引退する四位洋文騎手(栗東)は、阪神12レース2番ヴィントが最後の騎乗(7着/9頭)となった。通算成績は13919戦1586勝。

四位洋文騎手のコメント〜

「たくさんの良いお馬さんに出会えたことを再認識しました。日本ダービーは小さい頃からの夢であり、2つも勝たせていただいたことは本当に幸せです。

 本来、ファンの皆様の前でご挨拶をすべきところですが、今日29日という日を区切りにしたいと思い、我が儘を言わせていただきました。やはり、ファンの皆様がいない競馬場は寂しいです。なるべく早く、本来の競馬場の姿に戻ることを強く願っています。

 僕自身、これまで長く騎手を続けられてこられたのは、たくさんの仲間やオーナー、色々な関係者の方々、そしてファンの皆様のおかげです。今日で騎手を引退しますが、これからは、調教師としてウイナーズサークルに帰ってくることができるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。本当に長い間ありがとうございました」

(JRA発表による)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す