スマートフォン版へ

【JRA】マルターズアポジーが引退、白馬牧場で種牡馬入り

  • 2020年03月03日(火) 21時40分
 重賞3勝馬マルターズアポジー(牡8、美浦・堀井雅広厩舎)が現役を引退、北海道新冠町の白馬牧場で種牡馬入りすることがわかった。

 マルターズアポジーは父ゴスホークケン、母は2003年フェアリーS覇者マルターズヒートその父Old Triesteという血統。ゴスホークケン産駒として、現時点で唯一の重賞勝ち馬。

 武士沢友治騎手とのコンビで2016年福島記念(GIII)、2017年小倉大賞典(GIII)、関屋記念(GIII)と重賞を3勝。全40戦中36戦でハナを切るけれんみのない逃げで人気を集めた。

 獲得賞金は2億3507万7000円。通算成績は40戦8勝。堂々ハナを切った1日の中山記念(GII・6着)がラストランとなった。

 白馬牧場にはマルターズアポジーのほか、アスカクリチャンアポロキングダムヤングマンパワーなどが種牡馬としてけい養されている。

みんなのコメント

【重要】コミュニティ健全化の取り組みについて

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す