スマートフォン版へ

【チューリップ賞】マルターズディオサ2歳女王撃破!田辺「余裕あった」

  • 2020年03月08日(日) 07時01分
 「チューリップ賞・G2」(7日、阪神)

 暮れにつけられた5馬身差。決定的かと思われた差を、いとも簡単に逆転してみせた。最重要ステップを、鮮やかに制したのは4番人気のマルターズディオサ。会心の走りに、田辺は「いい意味でびっくりしました。G1で負けた相手だったので、甘くないなと思っていました」と振り返った。

 好発から中団に構えると、向正面で進出を開始。4角時点で逃げるレシステンシアを射程圏に入れた。直線半ばで並び掛け、かわし去る。内から迫ったクラヴァシュドールも退け、重賞初制覇を飾った。

 阪神JFで後じんを拝した2歳女王を「もちろん意識はしていた」と話すように、タイトル奪取には越えなければならない相手だった。「JFの時は追いつけなかったけど、今回はこっちの方が余裕あった。見た目じゃ分からないけど、力はつけています」と着差以上の手応えに納得の表情。

 手塚師もこの上ない結果に目を細める。「外枠は嫌だったけど、よく我慢した。良かったです。体よりも精神面で、すごくどっしりしてきた」と成長ぶりをたたえた。

 来る桜花賞(4月12日・阪神)に向けて美浦には戻らず、栗東で調整される。「今回は良化の余地を残す仕上げでした。次は目いっぱいいきたい」と指揮官は力強く宣言。咲き誇る桜の下で、さらにパワーアップした姿を見せつける。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す