スマートフォン版へ

【マーチS】波乱必至のハンデ戦、あの馬の巻き返しに期待/JRAレース展望

  • 2020年03月26日(木) 12時00分
 JRAのダート路線はフェブラリーSでひと区切り。それ以来最初のJRAダート重賞が、このマーチSとなる。抜けた実績を持つ馬の参戦は少なく、かつハンデ戦であるから、二桁人気馬が馬券圏内に飛び込んでくることもしばしば。大荒れも珍しくない一戦だ。

1.上がりがかかるタフなレース

 過去5年の平均上がり3ハロンタイムは37秒9。非常に上がりが掛かることから、バテずにジリジリ脚を使うタイプが活躍しやすい。タフな条件に実績がある馬や、重いダートの地方で好走歴がある馬には注意が必要だろう。

2.馬格のある馬が有利

 ここ5年の勝ち馬の馬体重はそれぞれ、572、536、504、510、500kg。2着も過去5年中4頭が500kg超えだ。ただでさえタフなコースで、展開も厳しい流れになることから、馬格があるスタミナタイプが活躍する。18年の1番人気ハイランドピークは468kgで9着、17年の1番人気コスモカナディアンは480kgで12着に敗れている。

3.経験豊富なベテランに妙味

 阪神開催だった11年を除く過去9年で、キャリアが21〜30戦だった馬は平均8.9番人気で平均着順は7.7着。単・複回収率ともに100%を超えている。また、キャリア31戦以上の馬も2勝をあげており、平均11.2番人気で平均9.5着。対して、キャリア6〜10戦の馬は平均5.0番人気で平均8.7着、キャリア11〜15戦の馬は平均5.4番人気で平均8.0着。


 テルペリオンは前走の仁川Sで、外から終始プレッシャーを受けながらの苦しい立ち回り。一叩きされて行きっぷりは良くなっていたが、息の入らない展開で流れが向かなかった。これまでのタフな条件での実績を考えると、中山は問題なくこなせそう。スムーズなら巻き返せて良いだろう。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す