スマートフォン版へ

九州大賞典、内田利雄騎手のヤマノブリザードが優勝

  • 2006年11月12日(日) 16時10分
 12日、佐賀競馬場で行われた九州大賞典(3歳上、ダート2500m、1着賞金400万円)は、内田利雄騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝1.7倍)ヤマノブリザード(牡7、佐賀・川田孝好厩舎)が2周目2角で早めに先頭に立つと直線抜け出し、2番人気レイテストモデルに1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分47秒9(重)。さらに1馬身差の3着には3番人気タイキシリウスが入った。

 勝ったヤマノブリザード父タイキブリザード母モガミオージー(その父ファルコン)という血統。01年5月にホッカイドウ競馬からデビューし、道営所属のまま札幌2歳S(GIII)を制覇。その後、美浦・藤沢和雄厩舎へ転厩し、移籍初戦となった朝日杯FS(GI)では2着に好走した。その後は、04年のエイプリルS(OP)で勝利を挙げるも精彩を欠き、今年2月に佐賀に移籍。移籍後は初戦を8馬身差で圧勝するなどの活躍を見せており、今回が札幌2歳S以来約5年ぶりの重賞制覇となった。通算成績44戦7勝(うち地方12戦4勝、重賞2勝)。

 また、8枠ピンク帽子のMr.PINKこと鞍上の内田利雄騎手は05年の宇都宮競馬廃止後、全国各地で期間限定騎乗を続けているが、今回がタイガーロータリーで制したスプリント(笠松)以来、約1年ぶりの重賞制覇となった。

オッズパーク

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す