スマートフォン版へ

【高松宮記念】モズスーパーフレアが戴冠!1位入線のクリノガウディー降着/JRAレース結果

  • 2020年03月29日(日) 15時43分
 29日、中京競馬場で行われた第50回高松宮記念(4歳上・GI・芝1200m・1着賞金1億3000万円)は、1位入線の15番人気クリノガウディー(牡4、栗東・藤沢則雄厩舎)が、最後の直線で、2位入線の9番人気モズスーパーフレア(牝5、栗東・音無秀孝厩舎)と4位入線の4番人気ダイアトニック(牡5、栗東・安田隆行厩舎)の走行を妨害したとして4着に降着。モズスーパーフレアが繰り上がって優勝した。勝ちタイムは1分8秒7(重)。

 また、3位入線の3番人気グランアレグリア(牝4、美浦・藤沢和雄厩舎)がハナ差の2着、ダイアトニックがさらにアタマ差の3着に繰り上がった。なお、2番人気ダノンスマッシュ(牡5、栗東・安田隆行厩舎)は10着、1番人気タワーオブロンドン(牡5、美浦・藤沢和雄厩舎)は12着に終わった。

 勝ったモズスーパーフレアは、父Speightstown母Christies Treasureその父Belong to Meという血統の米国産馬。無冠に終わった昨年の雪辱を果たし、春のスプリント女王の座に輝いた。牝馬による高松宮記念勝利は、2012年のカレンチャン以来8年ぶり。また、鞍上の松若風馬騎手にとっても、これがGI初勝利となった。

松若風馬騎手のコメント】
 初めてGIを勝てて、素直にとても嬉しいです。スタートがしっかり決まってくれましたし、自分のリズムで良いペースで運ぶことが出来ました。

 馬場がそこまで悪くなって欲しくないと思っていましたので、午後に晴れて少し回復していたのも良かったと思います。直線は必死で、無我夢中で追いました。

 お客様がいないのは寂しいもので、僕たちが競馬できることは幸せなことだと改めて感じましたし、お客様の大切さも感じました。今は大変な時ですが、お客様が競馬場に来てくれる日が早く戻ってくることを願っています。

 今後とも技術を磨いていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

高松宮記念ダイジェスト>

スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す