スマートフォン版へ

ミシェルのJRA通年免許へ挑戦に助言 M・デムーロ「日本好きになることが大切」

  • 2020年03月31日(火) 06時04分
 フランスから来日した“美し過ぎる騎手”ミカエル・ミシェル(24)=川崎・山崎裕=の地方競馬騎手短期免許が31日で失効する。1月27日に南関東競馬の川崎で地方デビューを果たしてから約2カ月。30日までに全国各地で260戦して29勝の成績を収めた。今回の挑戦でミシェルは、JRA騎手通年免許を取得する目標の実現に、どこまで近づいたのか。以下、M・デムーロとの一問一答。

 ◇  ◇

 -ミシェルの活躍について。

 「ミシェルのレースはよく見てますよ。日本に来たばかりの頃に比べると、だいぶうまくなりました。数を乗ることによって、日本の競馬に慣れてきたようです。ダート競馬の特徴もつかんでいます」

 -ミシェルが求めるJRA騎手通年免許について。

 「日本で通年免許を取ることは簡単ではありません。私もクリストフも短期免許で初めて来日したのはかなり前のこと。そこから毎年のように日本へ来て騎乗し、日本の競馬を勉強してきました。そんな私でも1回の試験では突破できませんでした。ただ、幸運なことに、私はJRAのジョッキーになることができました」

 -ミシェルへの助言は。

 「何度も言いますが、簡単なものではありません。免許を取るうえで、高い騎乗技術や日本語を理解することは重要となるでしょう。しかし、私が思うに一番重要なのは日本を好きになることです。これは競馬に限ったことではありません。日本の文化を含めた日本という国を好きになることが大切だと思います」

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す