スマートフォン版へ

【JRA】レシステンシア武豊騎手「デビュー戦で乗った時と比べて成長した」/桜花賞共同会見

  • 2020年04月08日(水) 16時00分
レシステンシアに騎乗予定の武豊騎手

――新馬戦以来のコンビ結成ですね。
武豊 調教もいい動きをしていると聞いていたので期待して乗った新馬戦でした。期待通りのレースをしてくれました。かなり敏感な性格があるな、という感じだったし、道中も少し外に逃げたりとか難しい面はあったんですけど。能力は感じましたね。直線を向いてからはいい脚だったので、やはり走る馬だな、と思いました。

――その後は逃げたこともありましたが、どういうレースが合っていると思いますか?
武豊 デビュー戦の後は乗っていませんが強い内容で重賞、GIを勝っていますね。2歳牝馬チャンピオンとなりましたから。特に阪神ジュベナイルフィリーズは見ていて驚くくらいの強さだったので凄い馬だな、と思いました。

――逃げてもよし、差してもよし、という感じでしょうか?
武豊 どうでしょうかね(笑)。キャリアがまだ浅い馬なので何が一番いいかはまだわからないですけれども。ただ、ジュベナイルフィリーズのレースは圧勝だったので、そこは事実としてありますね。

――先週、調教に乗った感触は?
武豊 感触を確かめる程度であまり速くならないようにという指示で本当に軽い追い切りだったんですけれども、非常に馬が力強くて状態の良さも伝わってきましたし、デビュー戦で乗った時と比べて成長したな、と感じました。2歳牝馬チャンピオンになった馬なのでそういう先入観もあったのかもしれないですけど。ずいぶん良くなったな、と思いました。

――桜花賞5勝しています。このレースのポイントは?
武豊 まだ3歳になっての春ですし、キャリアの浅い馬たち、そして牝馬ですから。まぁまだまだ不確定要素が多いというか、レース自体もそうですし、馬もまだまだ手探りなところがある中でのクラシックレースだと思っていますので。乗り甲斐もありますし、難しいレースでもありますね。

――武騎手は平成最初の桜花賞(1989年シャダイカグラ)を勝っていますね。今回は令和最初の桜花賞ですが?
武豊 そうですね(笑)。そのチャンスがあるのでこういういい馬とコンビを組んで出れるわけですから、このチャンスをものにしたいという気持ちは強いですね。

――クラシック最年長勝利記録というのもありますが?
武豊 そうなんですか(笑)。まぁ、それも栄誉なことだと思います。本当にいいチャンスを貰ったのでそれに応えたい気持ちもあります。

 今日の追い切りは思ったより速かったんですけど、まぁタイムの指示は良かったんですけどある程度伸ばしてという指示だったので、ホントに軽く伸ばしただけだったんですけど。あれだけのタイムが出るというのは改めてポテンシャルの高さを感じたので。ますますレースが楽しみになりましたね。

――最後にひとこと。
武豊 本当に今大変な状況ですけど、我々は競馬を通して、テレビやラジオで多くの方が競馬で楽しんでいただけると思って全力で騎乗するだけなので。なんとか少しでも楽しんでいただいて、勇気を与えられるようなレースができればと思います。

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す