スマートフォン版へ

【ニュージーランドTレース後コメント】ルフトシュトローム石橋脩騎手ら

  • 2020年04月11日(土) 18時43分
中山11Rのニュージーランドトロフィー(3歳GII・芝1600m)は2番人気ルフトシュトローム(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒0(良)。半馬身差の2着に5番人気シーズンズギフト、さらにクビ差の3着に7番人気ウイングレイテストが入った。

ルフトシュトロームは美浦・堀宣行厩舎の3歳牡馬で、父キンシャサノキセキ母ハワイアンウインド(母の父キングカメハメハ)。通算成績は3戦3勝。

レース後のコメント
1着 ルフトシュトローム(石橋脩騎手)
「ゲートをゆっくり出て、その後は流れましたし、自分が慌てなければと思っていました。4コーナーの手応えも良く、前も止まると思っていました。まだ良くなりますし、楽しみです」

2着 シーズンズギフト(津村明秀騎手)
「1コーナーまで引っ掛かりました。3コーナーから4コーナーは上手く捌けたのですが、最初に引っ掛かった分、最後にモタれる感じになりました。能力はすごく高い馬です」

(黒岩陽一調教師)
「マイルの流れでも行きっぷりが良すぎて道中力んでいました。その分上手く捌くことが出来たのですが、力んだ分最後は力のある馬にやられる形でした。力のある馬ですし、この後はケアを優先して本番に向かいたいと思います」

3着 ウイングレイテスト(青木孝文調教師)
「スタート良く良いポジションで内容あるレースでした。タラレバを言いたくなるような悔しいレースでしたが、上昇を証明できました。権利は取れましたし、マイルカップでの雪辱を期したいと思っています」

4着 アブソルティスモ(北村宏司騎手)
「課題のゲートを上手にクリアしてくれましたし、良い所で立ち回れました。ただ狙った所を両サイドから来られて切り返すロスがありました。その後は詰めてきています」

5着 ソウルトレイン(田辺裕信騎手)
「まだ緩いところがありますし、これからだと思います」

6着 ハーモニーマゼラン(大野拓弥騎手)
「すごく体調は良かったです。少しペースが速くなった分、最後は甘くなりました」

7着 オーロラフラッシュ(C.ルメール騎手)
「普段は流れに乗れるのですが、今日は少し忙しかったです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す