スマートフォン版へ

【ヴィクトリアマイル予想】 アーモンドアイを待ち受ける“ペース”の落とし穴! 勝利のカギを握るのはトロワゼトワル!?/JRAレース展望

  • 2020年05月15日(金) 18時33分
 アーモンドアイが7つ目のGIタイトルをかけて、今週のヴィクトリアマイルに参戦。これに対して「牝馬相手に戦うなんて情けない」という声も聞こえてきましたが、牝馬のトップクラスを舐めたらダメです。最近の牝馬限定戦は牡馬混合戦とほとんど変わらない指数で決着しており、実際に昨年の安田記念の決着指数は、ヴィクトリアマイルと同等でした。

 昨年の安田記念の優勝馬インディチャンプの入線タイムは、1分30秒9。ヴィクトリアマイルの週からさほど雨が降らなかったこともあり、ヴィクトリアマイルの優勝馬ノームコアの入線タイムよりもコンマ4秒ほど遅いだけ。このコンマ4秒という差もほぼ両レースで逃げたアエロリットがペースを落としたぶんです。

 安田記念アーモンドアイはスタートで致命的な不利があったにせよ、メンバー断然の上がり3F32秒4の末脚を駆使してもギリギリ差し切れなかったのですから、昨年同様の勝ちタイム1分30秒5で決着すると仮定するなら外枠、追い込み競馬だと物理的に届かないでしょう。

 内枠からロスなく行ければ、勝ち負けに持ち込めないこともありませんが、マイルでは差し馬のアーモンドアイにとって、かなりの高速馬場の東京芝1600m戦は不適条件ということになります。

 一方、2017年のように逃げ馬が飛ばさすに、1分33秒台のスローペースの後半勝負ならば、末脚NO.1のアーモンドアイが勝ち負けする可能性がかなり高くなります。ただし、今年も昨年のアエロリット級の逃げ馬が出走しています。昨年の京成杯AHで大逃げし、1分30秒3の超絶レコードで逃げ切ったトロワゼトワルです。

 トロワゼトワルが昨年の京王杯AHでマークした指数も、安田記念インディチャンプやこのレースのノームコアと同等のもの。そのときと同様の逃げを打たれたら、アーモンドアイは苦しいでしょう。つまり、アーモンドアイの明暗は、トロワゼトワルが握っているということ。

 京成杯AHの鞍上は横山典騎手でしたが、今回は三浦騎手への乗り替わり。さらに近2走は大敗していますが、休養明けをひと叩きされて大きな変わり身は期待できるのか? 今回はそこが最大の焦点となりそうです。
(文=山崎エリカ)

ただ今、ウマい馬券では4周年キャンペーンを開催中。日頃の感謝を込めて、抽選で「ウマいグルメ」をプレゼント! また今週は柴田阿弥さん、池田ショコラさん、RENAがヴィクトリアマイルを徹底攻略! 予想の参考にぜひご覧ください!

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す