スマートフォン版へ

【門別競馬情報】今季のDG競走第一弾・北海道スプリントカップJpnIII(6月4日)にも選定、カツゲキライデンの走りに注目「ノヴェリスト・プレミアム」/地方競馬情報

  • 2020年05月20日(水) 12時30分
 JRA・地方交流のダートグレードが、今季も4競走おこなわれるホッカイドウ競馬(門別グランシャリオナイター開催)。その第一弾として6月4日(水)に編成されている、第24回北海道スプリントカップJpnIII(1200m外回り。20時00分発走予定)の出走予定馬が18日、主催者(北海道)より発表された。

JRA】※選定馬4頭のみ掲載。補欠馬の繰上げ締切は5月28日
サクセスエナジー(騎手未定58kg)
スズカコーズライン(酒井学56kg)
ノボバカラ(騎手未定57kg)
マテラスカイ(騎手未定57kg)

【地方他地区】※選定馬3頭のみ掲載。
スティンライクビー(岩手・騎手未定56kg)
ハヤブサマカオー(大井・騎手未定56kg)
レベルフォー(船橋・騎手未定56kg)

【北海道】※選定馬9頭のみ掲載。補欠馬の繰上げ締切は5月31日
フジノパンサー(優先=トライアル1着。騎手未定56kg)
ソルサリエンテ(優先=トライアル2着。宮崎光行56kg)
メイショウアイアン(優先=トライアル3着。落合玄太56kg)
アザワク(騎手未定51kg)
オールドベイリー(騎手未定56kg)
カツゲキライデン(騎手未定56kg)
ガンジー(騎手未定56kg)
ジョウラン(服部茂史56kg)
ニットウスバル(騎手未定56kg)

 目下2連勝(天王山S、栗東S)と再び勢いづいたJRAサクセスエナジーが、昨年まで2年続けて出走したさきたま杯JpnII(浦和1400m)ではなく、幅員広くワンターンで存分にスピードを活かせる門別1200mに矛先を向けてきた点が注目されるほか、出走すればサウジアラビア(サウジアカップ2着)ドバイ(開催中止)遠征より戻ってからの国内初戦となるマテラスカイの走りにも関心が集まりそうだ。

 地方他地区からは、2歳時JRA所属で兵庫ジュニアグランプリJpnIIを制した実績ある大井ハヤブサマカオーら3頭がエントリー。地元ホッカイドウ競馬からは、昨年2着に追い込み今季はただ一頭“二ケタ”の10歳でも衰えは感じさせないメイショウアイアンら9頭が出走予定だ。

 月末31日には全出走予定馬が確定する第24回北海道スプリントカップJpnIII。6月4日の夜、20時00分(予定)のゲート入りを楽しみにお待ちいただきたい。

 さて、きょう20日のメイン12R(発走20時35分)は、北海道スプリントカップJpnIIIと同じ舞台で争われる古馬A1〜A4-1組「ノヴェリスト・プレミアム(JBC協会協賛)」。選定馬に名を連ねるカツゲキライデンが、順調に良化を辿っての今季3戦目でここは“真価発揮”といきたいところだろう。大井からの出戻り3戦目で今季初めて最も実績ある1200mに矛先を向けてきたフロルセレジェイラ、馬場が渋れば戦力アップのキタアルプスオルガンパイプ、門別復帰2戦目クリムパルフェらの走りも注目される。

(文:ひだか応援隊)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す