スマートフォン版へ

【鳴尾記念見どころ】昨年のオークス馬ラヴズオンリーユーが中心

  • 2020年06月01日(月) 11時00分
 ラヴズオンリーユーに注目したい。休み明け2戦目で巻き返しなるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■6/6(土) 鳴尾記念(3歳上・GIII・阪神芝2000m)

 ラヴズオンリーユー(牝4、栗東・矢作芳人厩舎)は昨年のオークス馬。前走のヴィクトリアマイルは7着に敗れたが、約半年ぶりの休み明けで高速決着のマイル戦と難しい条件だった。久々を叩いた2戦目、そして斤量が54kgになるここで巻き返しは必至だろう。鞍上は引き続きM.デムーロ騎手。

 サトノルークス(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)は昨年の菊花賞で2着。今回はそれ以来、7か月半ぶりの休み明けとなる。いきなりどうかという面はあるが、調教の動きは上々で仕上がりは良さそう。武豊騎手との新コンビで、重賞初制覇なるか。

 その他、1年1か月ぶりの休み明けとなる重賞2勝馬パフォーマプロミス(牡8、栗東・藤原英昭厩舎)、昨年の京都新聞杯勝ち馬レッドジェニアル(牡4、栗東・高橋義忠厩舎)、一昨年のチャレンジCを制したエアウィンザー(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)、2走前にリステッドの大阪城Sを勝ったレッドガラン(牡5、栗東・安田隆行厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す