スマートフォン版へ

【鳴尾記念】パフォーマプロミス復活V ユーイチ安田記念へ弾み

  • 2020年06月07日(日) 06時00分
 「鳴尾記念・G3」(6日、阪神)

 福永騎乗のパフォーマプロミスが、2019年の天皇賞・春3着以来、1年1カ月ぶりの実戦で復活V。10番人気の低評価に反発し、18年アルゼンチン共和国杯以来となる、3つ目の重賞タイトルを手にした。

 最内枠から好スタート。中団のインに取りつくと、左横に断然1番人気のラヴズオンリーユーの姿を見ながら追走する。最後は直線で抜け出したこの2頭のマッチレースとなり、ゴール前は首の上げ下げ。写真判定の結果、8歳馬が底力を発揮して鼻差の接戦をモノにした。

 “きのうの友はきょうの敵”。先週のダービーをコントレイルで制した鞍上は、同じ矢作厩舎のオークス馬を退けてしてやったり。「最後(伸びて)来てくれたので、一生懸命鼓舞し続けて。それによく応えてくれました。ゴールした時は分が悪いと思ったけど、馬が頑張ったからこそ運を引き寄せられたと思います」。度重なるケガに泣かされ続けた古豪の奮起をたたえた。

 福永は日曜にインディチャンプ安田記念連覇を目指す。「正直、きょうは自信がなかったけど、いい競馬ができた。あしたもいい波に乗っていければ」。狙うはアーモンドアイの首一つ。ますますさえ渡るユーイチの手綱さばきに注目だ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す