スマートフォン版へ

【函館スプリントS予想】初の洋芝・距離でもフィアーノロマーノに期待/JRAレース展望

  • 2020年06月21日(日) 06時05分
 サマースプリントシリーズの初戦にもなっているレースで札幌開催のキーンランドC、あるいは新潟競馬のアイビスサマーダッシュへと続く位置づけにある別定重量の短距離レース。これまでは比較的斤量に恵まれる3歳馬の健闘が目立つレースだったが、葵Sの重賞昇格で少々流れが変わるかもしれない。

 昨年は多くの競走除外馬が出たレースで参考外かもしれないが、函館競馬場で行われた過去10回で1〜3番人気は5勝2着5回3着4回。ただし、1番人気馬は1勝2着2回3着2回と苦戦傾向にある。

 マイラーズCで競走除外の憂き目にあったが、アクシデント明けでも◎フィアーノロマーノ。前走の阪急杯は最後の直線で致命的な不利を受けたが、それでもゴール前では差を詰めて3位入線繰り上がりの2着。1200m戦は初めてだが、父は短距離王国の豪州のG1勝ち馬で、チャンピオンサイアー。産駒には英国オークス馬、英チャンピオンSの優勝馬もいるが、メラグラーナ(オーシャンS)の父でもある。洋芝も初めてになるが、パワータイプのスピード馬なので苦にすることはないだろう。

 ○ダイアトニック高松宮記念で受けた不利も大きかった。それでも、内容的にはスプリンターとしての高い能力を示した1戦でもあった。初めて経験する洋芝に加えて、今回は初めて背負う58キロでやや割り引いた。

 3番手はシルクロードSで豪快な追い込みを見せた▲エイティーンガール。前走も敗れたとはいえ出走メンバー最速の上がりタイムを繰り出しており、1戦毎に力をつけている印象だ。逃げ、先行馬が必要以上にやりあえば、この馬の末脚が怖い。

 近走はダートを使われて結果を残している△ダイメイフジは洋芝の短距離を得意としており、連闘で挑む△ジョーマンデリンも函館競馬場では目が離せない。追い込み勢では△マリアズハートと△シヴァージか。ともに洋芝は初めてだが、むしろ向いている印象を受ける。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す