スマートフォン版へ

【優駿スプリント予想】スプリント戦ならカプリフレイバーが最有力!!/NARレース展望

  • 2020年06月23日(火) 11時30分
 2011年に新設された3歳限定のスプリント重賞で、今年で第10回目を迎える。このレースの1着馬に習志野きらっとスプリントの優先出走権を、2着までに入った馬にはアフター5スター賞の優先出走権が与えられる。今年は優駿スプリントトライアル優勝のカプリフレイバーら、16頭で争われる。

 ◎カプリフレイバー。優駿スプリントトライアルを勝ってここに臨んできたが、デビュー以来、1000m、1200m戦と4戦負けなしで、敗れたのは3走前のマイル戦(アジュディミツオーメモリアル)5着のみと、短距離では実に安定している。初の右回りだった前走は、多少外に張り気味ではあったが、1度使ってコース慣れも見込めるし、信頼していいだろう。

 ○にコーラルツッキー。ここ2戦は1400mのユングフラウ賞6着、1600mの東京2歳優駿牝馬7着と掲示板を外しているが、昨年10月には1200mのエーデルワイス賞を勝っているように、この馬にとって距離短縮はかなりプラスに働く。あとは休み明けがどう出るかがカギだろう。

 ▲ボンボンショコラ。前走は水沢の留守杯日高賞では、のちに門別の北斗盃を優勝したレッドカードに2馬身差をつけて優勝。スピードは上位だけに、あとは単騎でスンなり行ければ面白い。

 △は4頭。持ち時計がメンバー中1番速いミチノギャングは、内枠が心配だがスムーズな競馬ができれば。あとはトライアル2着のファルコンビークトライアル3着のインペリシャブルストーミーデイトライアルは感冒で競走除外となっている点が気になるが、実績では上位。

 スプリント戦では底を見せていないカプリフレイバーの相手探しの一戦となりそうな優駿スプリント。6月23日(火)、20時10分発走。

(文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す