スマートフォン版へ

【園田FCスプリント予想】高知馬が馬券圏外はたった1回 高知のダノングッドか地元エイシンエンジョイか/NARレース展望

  • 2020年06月25日(木) 11時00分
 6月25日、園田競馬場でスーパースプリントシリーズ(SSS)の一戦、重賞・園田FCスプリント(820m)が行われる。向正面からスタートしてワンターンで決着する超短距離レース。四国・近畿地区交流で今年10回目を迎えるが、高知勢は過去9回のうち3勝を挙げ、馬券圏内に絡まなかったのはたった1回。今年はダノングッドケンキャクハーバーの2頭が高知から参戦し、12頭立てで行われる。

 中心は昨年のこのレース2着のエイシンエンジョイ。スピード自慢の馬で、重賞3勝中2勝はスピードが生きる笠松競馬場でのものだった。前走の飛山濃水杯はスタートから出ムチを入れられながら先手を奪うと、向正面では2番手を3〜4馬身離して軽快に逃げた。4コーナーでは手応えが一杯のようにも見えたが、直線は粘りに粘って1馬身+アタマ差の3着。真ん中の枠でレースも運びやすそう。

 相手は元JRAオープン馬のダノングッド(高知)。半弟には重賞3勝、日本ダービー2着のダノンキングリーがいる血統で、南関東を経て今春、高知に移籍してきた。移籍初戦となった前走は好スタートから3番手外に控え、残り400m手前で先頭。楽な手応えで直線は流して6馬身差で完勝だった。JRA時代には逃げ切り勝ちもある馬。移籍後2戦目で「状態は良くなっています」と別府真司調教師。実績の違いで押し切りそう。

 スリングショットは前走の820m戦で好スタートから直線も昨年覇者タガノカピートに追いすがって3/4馬身差の2着。スタートダッシュの速い馬が基本的に有利なレースなだけに期待したい。

 コンドルヒデオは高知時代だった昨夏、大雨直後の不良馬場の高知800mでレコードを出した馬。2走前は直線半ばまで進路がなく追い出しを待たされながらも残り100mほどで一気に交わして勝った。820m戦は基本的に逃げ・先行有利だが、園田FCスプリントは過去に何度か中団から差し馬が馬券に絡んでいる。そのため、逃げても控えても勝っている同馬は相手に入れたい1頭。

 他に里帰り出走となるケンキャクハーバー(高知)や、移籍初戦を叩いた上積みが見込める3歳馬・マコトジェムチュクも「生真面目な馬。軽ハンデ52kgとワンターンなら」(新井隆太調教師)と、相手候補だろう。

 園田FCスプリントは6月25日園田11R、16時00分発走予定。

(文:大恵陽子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す