スマートフォン版へ

【海外競馬】ウェイトゥパリス、秋はジャパンC参戦の可能性も 仏G1サンクルー大賞覇者

  • 2020年06月30日(火) 12時31分
 28日のサンクルー大賞(仏G1・芝2400m)を制したウェイトゥパリス(牡7、仏・A.マルチアリス厩舎)が、秋は11月29日に東京競馬場で行われる、ジャパンC(GI・芝2400m)への参戦を視野に入れていることがわかった。

 英競馬メディア『World Horse Racing』公式Twitterアカウントが30日、同馬を管理するマルチアリス調教師の談話を報じた。

 ウェイトゥパリスは父Champs Elysees(その父デインヒル)、母Grey Way、母の父Cozzeneという血統。

 重賞初制覇は6歳7月のモーリスドニュイユ賞(仏G2)と遅咲きで、7歳の今年に入り本格化。サンクルー大賞でG1初制覇を果たし、現在は重賞で4連続連対中。主戦騎手はP.ブドー騎手。通算成績は32戦6勝。

 サンクルー大賞は、ジャパンCの褒賞金指定外国競走となっており、サンクルー大賞優勝馬がジャパンCも制すると300万米ドル、4着以下でも20万米ドルが交付される。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す