スマートフォン版へ

【CBC賞予想】馬場がどこまで悪化しているか。こなせそうなのはロケットやタイセイアベニールなどか/JRAレース展望

  • 2020年07月04日(土) 20時00分
 中京競馬場で行われていたハンデのスプリント重賞・CBC賞が今年は阪神競馬場で行われる。秋に京都競馬場が改修工事に入る影響によるもので、左右の回りが変わることに加えて、阪神は連続開催の5週目。さらに、2週目以降、週末はお天気が崩れることが多く、馬場の悪化が予想される。

 この原稿を書いているのは木曜日夜で、金曜午後から関西は雨予報でしっかり降りそう。土曜・日曜日も雨が止む時間帯があるものの降水確率は高め。どの程度まで馬場が悪くなるのかが鍵だが、湿った馬場状態になるのはほぼ確定という点を踏まえて気になるのはロケット。2走前に準オープンを勝ってオープン入りを果たした牝馬だ。

 前走の安土城Sでは好スタートから一旦はハナに立つも、外から主導権を奪いたそうな馬が来ると控えてレースを運んだ。直線では残り100m付近で前を捕らえる気配もあったが、ゴール直前に差してきた馬に飲み込まれて7着。しかし、パトロールビデオを確認すると、外にヨレて立て直し再び先頭を目指していたところ他馬と接触という場面があった。前走と同じハンデ52kgでの出走で道悪での実績もある。

 タイセイアベニールも走りに力強さを感じ、注目の1頭。芝1200mで初勝利を挙げたのち、3歳時は端午S2着やユニコーンS15着などダート路線を歩んだこともあったが、古馬になり再び芝スプリント路線で力を発揮している。特に近4走では1、1、3、1着。オープン昇級2戦目となった前走はエイティーンガールと外から伸びて差し切り勝ち。ここでいきなりの重賞制覇もありそう。

 もちろんクリノガウディーも外せない。前走のGI・高松宮記念では1位入線ながらゴール前での斜行により4着に降着。2歳時は朝日杯FS2着、昨年も稍重の中でのハンデ戦・中京記念でハナ差2着など重賞初制覇に手が届きかけている1勝馬。東京新聞杯(3着)と同じ横山典弘騎手とのコンビも楽しみだが、ハンデが58kg。初めて背負う斤量と、左回りの方が走りや成績がいいだけに、どんなレースになるか期待と不安が半々といったところ。

 シルクロードSの勝ち馬・アウィルアウェイももちろん注目の1頭。重賞初制覇で見せた鮮やかな差し脚をここでも発揮してほしい。

 阪神競馬場に舞台を変えて行われるハンデ重賞・CBC賞は7月5日阪神11R、15時35分発走予定。

(文:大恵陽子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す