スマートフォン版へ

【海外競馬】英オークス9馬身差圧勝ラヴ、ヨークシャーオークスから凱旋門賞へ

  • 2020年07月14日(火) 20時13分
 現地時間4日のオークス(英G1)を9馬身差で圧勝したラヴ(牝3、愛・A.オブライエン厩舎)は、8月20日のヨークシャーオークス(英G1)から、10月4日の凱旋門賞(仏G1)へ向かうことがわかった。英競馬メディア『Racing Post』などが13日、報じた。

 ラヴは父Galileo母Pikabooその父Pivotalという血統。オークスの前は1000ギニー(英G1)を制している英二冠牝馬。通算成績は9戦5勝。

 エネイブル(牝6、英・J.ゴスデン厩舎)が2着に敗れたエクリプスS(英G1)の結果も受け、欧州ブックメーカー各社は現在ラヴを、単勝4倍台の1番人気としている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す