スマートフォン版へ

【アイビスSD コース解説】2001年に誕生した、日本唯一の直線コース

  • 2020年07月24日(金) 11時53分
 26日に行われるアイビスサマーダッシュ(3歳上・GIII)の舞台となる新潟芝直線1000m。このコースについて解説していく。

 新潟芝1000mは、2001年に誕生した、日本で唯一となる直線コース。アイビスサマーダッシュは、コーナー無しで行われる究極のスピード比べとして親しまれており、歴代勝ち馬にはカルストンライトオメジロダーリングハクサンムーンなど名だたるスプリンターが揃っている。

 専用のポケットからのスタートすると、270mほど緩やかに上って、そこから200mほど下る。そこから小さなコブを超え、ラスト320mは平坦となってゴール。

 2回新潟は全6日間、Aコースを使用して開催される。5月に行われた1回開催はBコースを使用していたため、保護されていた内側が開放される形。なお、JRAの馬場情報によると第1回新潟競馬前にAコース部分を、第1回新潟競馬終了後にBコース部分を中心に芝張替えを実施している。

 例年であれば夏の新潟は非常に速い時計・上がりの出る軽い芝になるが、1回開催時が時計を要し気味で、長梅雨の影響も否めず、芝の状態は不透明。しっかりとレースをチェックして見極める必要があるだろう。

 とはいえ、直線1000mは残り660m地点で外回りと、残り360mで内回りと合流するため、傷んでいない部分を走れる外枠有利の傾向が強い。芝の状態を問わず外枠重視で良さそうだ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す