スマートフォン版へ

【JRA】カンパニー産駒ウインテンダネスが引退、種牡馬に 2018年目黒記念覇者

  • 2020年08月06日(木) 13時26分
 6日、JRAは2018年の目黒記念(GII)優勝馬ウインテンダネス(牡7、栗東・杉山晴紀厩舎)が、5日付で競走馬登録を抹消したと発表した。今後は、北海道新冠郡新冠町のアサヒ牧場で種牡馬となる予定。

 ウインテンダネス父カンパニー母モエレメルシーその父マジックマイルズという血統。2014年北海道サマーセールで345.6万円(税込)で取り引きされ、ウインレーシングクラブで総額1100万円(1口2.75万円)で募集された。通算成績は40戦6勝。獲得賞金は1億4898万6000円。

 同馬は7月25日、栗東トレーニングセンターの坂路で騎乗者を振り落とし、カラ馬のまま逸走。厩舎地区を走り回る最中に転倒し、怪我を負った。検査の結果、右前脚繋靭帯不全断裂が判明し、競走能力を喪失、現役を引退することとなったと、所属するウインレーシングクラブのホームページで同日、発表されている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す