スマートフォン版へ

【クイーンS予想】 今年は既存勢力より新勢力に期待!? 差し馬有利の展開から浮上してきた一発期待の穴候補とは?/JRAレース展望

  • 2020年07月31日(金) 18時33分
 逃げ馬候補としてはコントラチェックタガノアスワドナルハヤモルフェオルフェあたりが挙げられ、展開には逃げ馬多数のメンバー構成。2週目の馬場状態でも、ペース自体はかなり流れそうです。

 外が伸びる馬場の札幌芝ならば差し馬優勢の競馬となりそうで、縦長で先行馬勢にはかなり苦しいレース展開になるはずです。本命、相手の上位馬は、後ろのポジションを取る馬中心になりそうです。

 では、各有力馬の解説をしていきましょう。まずは重賞連勝中のフェアリーポルカ。前走は、外枠ながら内を突く競馬で勝利。4角で抜群の手応えだったことを考えると、素直に評価できる走りでした。ただ若干内にササる面は不安で、再度和田騎手ならば、前回と似たようなレースとなりそう。1800mはベストだけに相手には取り上げたいが、本命で買うには多少のリスクを背負うでしょう。

 続いて、スカーレットカラー。前走のヴィクトリアマイルは非常に残念な競馬での敗戦でしたが、2走前や昨年の走りを見ても重賞路線ならば巻き返しの可能性が高いです。理想は外枠から大外一気の競馬で、枠はひとつでも外のほうがベストといえます。ここは要注意の1頭として取り上げ、本命候補として考えたいです。

 コントラチェックの前走は自分の形に持ち込むことができないなかでの大敗で、決して力負けとはいえないレースでした。ただ今回も逃げ馬多数のメンバー構成で、1800mへの距離延長もやや気になります。ここは評価を落としたいところで、次走以降のベストの条件で買いたい馬です。

 前走はGIの壁に阻まれる敗戦でしたが、牝馬限定重賞路線ならば十分に通用する逸材と評価しているのがビーチサンバです。ただし、勝ち切るにはワンパンチ足りない印象で、展開や枠、馬場などの恩恵が必要です。理想は、内枠でロスなく運ぶ競馬。枠や当日の馬場を踏まえたうえで、最終的な評価をしたいです。

 カリビアンゴールドの前走は展開に恵まれるなか、勝ち馬に突き放される敗戦で非常に残念といえる競馬でした。前が流れるレースがベストの印象で、牝馬限定重賞ならば馬券に絡む力はあります。相手の押さえには取り上げたい1頭ですが、今回のメンツならば控える競馬のほうが良さそうです。

 穴馬候補として特筆したいのがサムシングジャストです。前走は松山騎手の好騎乗が光る競馬で、長い直線でしっかりと脚を使った点は素直に評価できる走りでした。今回のような直線の短いコースでのレースも対応可能で、最終追い切りの動きを見ても北海道シリーズとの相性も抜群といえます。人気も手頃なここは狙いたい1頭で、武豊騎手の乗り方次第ではアタマまで意識できそうです。

 以上、6頭をピックアップしたうえでそれぞれをジャッジしましたが、正直いって、かなり前が速くなりそうだけに後方勢の馬を固め買いすれば的中は堅そうです。ペースと馬場適性が、重要なポイントとなります。

 ただし、人気馬のなかでも危ない馬もいるので、そのあたりは明確にしたうえで馬券から外して穴馬2-3頭を絡めて美味しい配当をゲットしたいと考えています。上記に取り上げたなかで、最も狙い目の◎から最終的な予想を公開する予定なので、ぜひご期待ください。
(文=倉本匠馬)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す