スマートフォン版へ

【クイーンS ゴールデンコンビ】「直近1年」の複勝率57.1%!「友道康夫厩舎×吉田隼人騎手」のレッドアネモス

  • 2020年08月01日(土) 17時00分
 netkeibaデータベースのリニューアルにより加わった「データ分析」から興味深い数値を紹介します。「データ分析」では騎手と調教師の相性も一目瞭然。「直近1年」「直近5年」「通算」のコンビ実績を調べることができます。「データ分析」から浮かび上がったクイーンSの「ゴールデンコンビ」はこちら。

友道康夫厩舎×吉田隼人騎手(レッドアネモス)】

友道康夫厩舎×吉田隼人騎手」の「直近1年」成績は5-2-1-6で複勝率57.1%、複勝回収率97.1%。ベタ買いプラスの水準には届いていないが、どうしても人気になりやすい厩舎だけに回収率が伸びないのは致し方無いところだろう。とはいえコンビ回数10回以上の8騎手の中で複勝回収率97.1%は堂々の一位で、馬券妙味は十分だ。ちなみに単勝回収率は153.6%。

 5勝は全て2020年に入ってから挙げたもので、直近では5月31日の白百合Sヒュッゲで制している。そのヒュッゲは金子真人ホールディングスの所有馬だが、他にもアドマイヤミモザ(近藤旬子オーナー)、ラヴィンフォール(大塚亮一オーナー)、ウーリリ(金子真人ホールディングス)、ランブリングアレー(社台レースホース)と、しっかり有力オーナーの馬で勝ち切っているのは特筆に値する。友道調教師の吉田隼人騎手への信頼が増しているであろうことは想像に難くない。

 吉田隼人騎手レッドアネモスに初騎乗。近3走は0.6〜0.7秒差と一押しを欠いているが、乗り方ひとつで変わる差だとも言える。「ゴールデンコンビ」によるプラスαに期待したい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す