スマートフォン版へ

【レパードS】デュードヴァン格上の存在 得意の左回りで3歳馬同士なら明らか

  • 2020年08月04日(火) 06時00分
 「レパードS・G3」(9日、新潟)

 ユニコーンSデュードヴァンが見せた末脚はインパクト大だった。4角14番手から直線大外へ持ち出し、上がり3Fはメンバー最速の35秒5。しかし、勝ち馬は5馬身も前-。相手が悪かった、としか言いようがない。

 加藤征師は「ハイペースで、たまたま(展開が)はまっただけですよ」と控えめに評価するが、初芝だったアーリントンC以外は東京ダートばかりを4戦して3勝、2着1回とパーフェクト連対。同じ左回りの新潟で3歳馬同士なら明らかに格上の存在だ。

 前走後は放牧を挟んでリフレッシュ。帰厩後は入念な調整を続けてきた。1週前は3日、美浦Wで5F68秒1-39秒5-12秒9。併せたブランクエンド(4歳3勝クラス)を大きく追走した分、2馬身ほど遅れたが、走り自体は軽快だった。「しっかりやりました。調教駆けするタイプではないので、動きはあんなもんでしょう。体調は悪くないですよ」と師は納得の表情を浮かべる。

 16年に当レースをグレンツェントで制している指揮官は「このメンバーだとペースは上がらないだろうし、内に入ったら前があかないから、中団につけて行かないと」と理想の展開を思い描く。3歳限定ダート重賞はこれが最後。しっかりとタイトルを獲得し、古馬との戦いが待つ秋へ弾みをつける。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す